相続

財産分与の法律的な意味

財産分与とは、夫婦の間で結婚をしていた期間に生じた財産を清算することです。
しかし、法律的には財産分与とはどのように定義をされているのでしょうか。

法律では財産分与を意味する範囲は非常に広いので、様々な性質が財産分与について認められています。

まずは清算的財産分与があります。
これは婚姻中に築かれた共有財産や実質的な共有財産として認められるものの清算についてを指しています。
これが財産分与の中心となります。

他に、扶養的財産分与という言葉があります。
これは離婚をした後に、弱者に対する扶養のことです。

離婚によって夫婦のどちらか一方が生活できなくなる場合に、一方の暮らしを維持しているために扶養をしなくてはいけないということです。
経済的な能力が弱い配偶者が自立をして、自分で働いてお金を稼ぐことができるまでの援助として与える必要があるのです。

清算的財産分与や慰謝料を請求できない状況にある場合や、できても額が足りないなどの不都合がある場合にこの扶養的財産分与が発生します。
支払い期限は3年程度の期間であると言われています。

次に、慰謝料的財産分与というものがあります。
これは文字通り離婚によって支払われる慰謝料に関する財産分与です。
最高裁判所では、財産分与の中に離婚によって生じる慰謝料を含めてもよいとしています。

財産分与の中に慰謝料が含まれている場合は、もし配偶者が相手に対する精神的な損害を財産分与で十分に補てんできていると判断された場合には、これとは別に慰謝料を相手に請求することができません。
財産分与のみでは十分に補てんできていないと判断された場合には、別に慰謝料を請求することが可能となります。

他には、過去の婚姻費用についての清算もあります。
これに関しては、婚姻中に婚姻費用分担請求という形で処理されることになります。
このように財産分与の中にも様々な種類があります。
これらをきちんと把握しておけば、離婚の際にもスムーズに事を運ぶことができるでしょう。

Menu