相続

清算的財産分与について

清算的財産分与とは財産分与の中でもオードソックスなものです。
財産分与の対象となる財産は夫婦が共に築いた財産が対象となります。

例を挙げると、夫婦のどちらか一方が結婚生活の間に働いて稼いだお金や、そのお金を用いて購入した家具や電化製品などの物は全て、夫婦で協力して築いた財産とみなされます。
名義がどちらかのものだったとしても、実質的には両者の共有財産と判断されるのです。

これは、夫がサラリーマンでお金を稼いで、妻が専業主婦の場合であっても、法律的には、妻が家で家事などをして支えてあげることによって生まれた財産であると判断されるので、両者が協力して築いたものだと判断されます。

裁判などで財産分与についての取り決めを行う時は、両者の貢献度の違いによって割合を決めますが、これはあくまでも裁判官の主観的なものによって結果が左右されることが多いです。
本当の意味で客観的に、財産形成に関する貢献度を決めることはできないでしょう。

夫の方は自分が稼いだことによって得たのだと強い貢献度をアピールしますが、妻の方だって、家事や育児をやることによって家庭を支えていると貢献度をアピールします。
よって、裁判をしたとしても、大抵は折半ということで落ち着きます。

基本的には、両者の話合いで財産分与の貢献度に関しても決める必要があります。
折半以外の方法で財産分与をする場合には大抵両者で争うことになります。

この場合はお互いがそれぞれ根拠とするものを持っているでしょうが、それがきちんと法的な根拠に基づいたものでないと、裁判では認められないでしょう。

感情的になって、相手の主張を認めずに自分の利益だけを考えるような行為に出るのは、逆効果ですので、あくまでも冷静になって話し合いを進めてください。

基本的に裁判の場合は判例に従って決定がなされることが多く、また大抵の場合は折半ということになっているのが現実ですので、これは覚えておいておきましょう。

Menu