相続

今までの婚姻費用の清算

婚姻費用の清算とは一体どういうことなのでしょうか。
結婚して共に生活している夫婦には様々なお金がかかります。
このお金のことを婚姻費用といいます。

夫婦には、お互いが自分の生活の中の一部にいるという自覚を持って、相手が自分と同等の生活を送れるよう扶養をする義務があるのです。
これを生活保持義務といいます。

夫婦には、資産や収入、様々な事情を考慮したうえで、婚姻によって生ずる費用をお互いに分担する義務があるのです。
婚姻費用の中に含まれるものとしては、生活費や衣食住にかかる費用、医療費や交際費、子供の養育費などがあります。

もし、婚姻中に別居をした場合のことを考えましょう。
夫婦にはお互いの生活を一定のレベルに保つためにお互いを扶養する義務があるのです。

例えば、妻が家を出て行った場合には、夫が妻が別居していた間の分のお金を支払う義務が生じることがあるのです。
このように別居の間に生じた婚姻費用を離婚時に清算することになるのです。

婚姻費用の分担額については、夫婦の合意によって決められます。
しかし、お互いの協議によって決定できない時には、家庭裁判所に調停を申し立てることによって、決定してもらえます。
合意が成立しない時には、審判により決めてもらうことができます。

家庭裁判所が決める時には、夫婦が別居することになった事情や、夫婦関係がどれほど破綻しているのか、破綻することに対するお互いの責任の度合などを考慮して決めます。
もちろん、お互いの収入なども考慮します。

婚姻費用の清算に関して、どれだけ過去にまでさかのぼってもよいのかが問題となります。
判例によって、いつまでさかのぼってもよいのかということに関してはまちまちです。
定着しているのは請求あるいは申し立てのときまでとされています。

そして、婚姻が解消された時か別居が解消された時までが婚姻費用として認められます。
細かい内容に関してはそれぞれの夫婦によって事情が異なるので、一概にいうことはできません。
また、こちらの財産分与の基礎知識についての記事も参考にご覧ください

Menu