相続

慰謝料的財産分与について

慰謝料というのは、精神的な苦痛を相手に与えた時に発生する損害賠償のことです。
離婚の場合に発生する慰謝料とは、不貞行為や暴力行為を行ったことが離婚の原因となった時の損害賠償請求のことです。

暴力をふるったり、浮気をしたなどの場合は明らかに慰謝料が発生するのは分かりますが、性格の不一致や家族や親族との仲の問題、信仰上の理由などについてはどちらに責任があるのかはっきりとしないことが多いです。

一方に責任があっても、きっかけとなる行為をしたのは相手の方であるということだって考えられます。
よって、慰謝料の支払い義務があるのかどうかの判断は難しいのです。

双方の責任の度合いがどの程度であるかによって、慰謝料は決定されることになります。
夫婦のどちらか一方の責任であると言えない場合や、両者が同程度の責任があるような場合には慰謝料を請求することはできません。
大抵の離婚では、どちらかに大きな責任があるという状況はそれほど多くはありません。

協議離婚や調停離婚など早く別れたいために相手に対して解決金を支払うということもあります。
慰謝料の金額というのは、ケースバイケースなのです。

そして、実際に慰謝料を支払う場合には財産分与との合算によって支払うことが多いです。
この場合は財産分与と慰謝料とを合わせて200万から500万ほどになるのが一般的なようです。

慰謝料を財産分与として支払う場合は、慰謝料的財産分与と呼ばれます。
この場合は財産分与を決める際に、慰謝料についての取り決めも一度に済ませてしまうことになります。

基本的に財産分与や慰謝料などは本人達の話合いで決定することになります。
よって、財産分与の内訳に慰謝料が含まれているのかなどはきちんと書類に明記しておく必要があります。
これをしておかないと、後で慰謝料を余分に請求されるようなことが起こりかねないのです。

離婚をする時は、基本的に自分達だけで全ての取り決めを行うことができるので、はっきりとさせておくことが大切なのです。

Menu