相続

財産分与は協議で決める

財産分与とは夫婦が結婚生活中に築いた財産を清算することです。
それらを夫婦の間で分けることを財産分与といいます。

結婚生活をしていた時は、基本的に家にあるものはお互いの共通の財産として保有していたと思います。
しかし、離婚をした後は夫婦はそれぞれ赤の他人となるわけですから、当然財産を分ける必要もあるのです。

この時には、夫婦両者の事情を考慮したうえで決められます。
なお実際に財産分与の支払いをする時は慰謝料と一緒に支払いが行われることが多いです。
普通のサラリーマンの場合ですと、財産分与と慰謝料とを合わせて、200万から500万円ぐらいが典型です。

財産分与を支払う際の方法については、一括払いで支払う場合と分割で支払う場合とがあります。
当然一括で支払った方が確実に相手が受け取ることができるので、こちらのほうが望ましいでしょう。
しかし、色々な事情により一括で支払うのが困難なこともありますので、結局はお互いで協議によって決めることになります。

基本的には、財産分与の割合などは夫婦で話し合って決めることが一番よいことです。
離婚をする理由にもよりますが、お互いがそこまで険悪な状態になっていないのに離婚をするようなケースもあるでしょう。
そういう場合はお互いにしっかりと協議したうえで、両者が納得する形で財産分与を決めることが一番良いのです。

しかし、離婚をする場合は、大抵は両者の関係が崩れてしまって離婚をするのですから、平和的な解決が望まないことの方が多いでしょう。
その場合は、協議によって決めることができないケースも多いです。
そして、最終的には家庭裁判所に財産分与の請求の調停を申し出ることになります。

調停が不成立の場合は、審判となります。
つまり、第三者に決めてもらうということになるのです。
この場合は今までの判例などを参考にして決めていくことになります。

どちらにしろ、離婚をする時には財産分与をしっかりと決める必要があるということは覚えておきましょう。

Menu